結婚式を行う際に必要な様々な準備を知りましょう

電報について

結婚をお祝いする祝電を含む慶弔電報が制定されたのは1917年のことです。その後、戦争の時代になったので電報は軍事やそれに関することに使われることが多くなりました。その後、戦後ウェディング業界にも西洋の考え方が取り入れられ披露宴などが盛大に行われるようになりました。そのため、会社や取引先関係で結婚の祝電を贈ることが儀礼的に行われるようになりました。 結婚式や披露宴に参加できなかったり、披露宴に呼ばれるほど親しい間柄でない場合も、お祝いの気持ちをメッセージに込めて祝電を贈るということが一般的に行われています。ただ単に結婚の祝電を贈るというのではなく、花やぬいぐるみなどを添えて贈るということも増えてきています。

現在では、結婚に際して贈る祝電につける品物も、多岐にわたっています。生花やプリサーブドフラワーを添えたり、ぬいぐるみをおくるぬいぐるみ電報であったり、大小さまざまの風船を添えて贈るバルーン電報というようにその種類が豊富になっています。一方で、盛大な披露宴を行う人だけでなく親族や家族だけのちいさな結婚式、友達同士でのウエディングパーティー、リゾート地でのリゾートウエディングを行う人も増えてきています。そのため、参列をしないかわりに祝電を贈ることも一般的になりつつあります。 オリジナルな電報で様々な種類やバリエーションの中から新郎新婦をイメージして選ぶというのも楽しみの一つです。申し込みについても、インターネットなどでより手軽になります。